本文へスキップ

或る日、或る時 森組芝居公演です。

電話でのお問い合わせ

TEL:070-6470-3070

blog写真集

舞台装置、セットの写真

 人間の目に丁度良くなるように考えられた照明。それを写真に撮ろうとすると意外にも綺麗に見えないことがある。何故なら左の帳場と右の離れの部屋を交互に使ったり、両方に照明を当てたり。そして各部屋も役者さんが座ったり立っている場所を目標に明るくしているので カメラで撮影するとそれ以外が暗く写る。周りも明るく撮ろうとすれば役者さんのあたりが明るくなりすぎます。舞台装置だけで無く照明もすべてがかみ合ってこそ出来上がる舞台上のお芝居。素晴らしいです。

芝居「或る日、或る時」の舞台写真0

劇場内に入るとこんな明かりです。屏風が妖しげに皆様をお迎えしています。


芝居「或る日、或る時」の舞台写真1

ちょっと特殊な撮影してみました。全体が明るくなるように1枚。照明の雰囲気は無視した感じに写っていますが、全体の装置はわかると思います。


芝居「或る日、或る時」の舞台写真2

離れの間にスポット的に明かりがあたっています。これでも1灯ではなく複数の照明装置から明かりが当たっています。


芝居「或る日、或る時」の舞台写真3

帳場と離れの両方に明かりが当たっています。が屋根には当たっていません。役者さんが演じている時は意外とこういう状態になっていることもあります。舞台装置も役者さんのお芝居を助けています。


芝居「或る日、或る時」の舞台写真4

これは帳場でお芝居が進む時にこんな明かりになっています。真ん中のあたりが明るく、周りは少し暗くなっています。そこだけに集中できるように明かりが助けてくれます。


芝居「或る日、或る時」の舞台写真5

電信柱の明かりが夜の道端を表現しています。帳場と離れの明かりは暗くなっています。暗い道でのお芝居です。


2015年10月17日:ゲネプロ(ゲネラールプローベ「総舞台稽古」)

 本番中に動画撮影なら音はしませんが、スチールカメラではそうは行きません。カシャカシャッと音がすると皆さんにご迷惑がかかるので、写真を撮れる機会は限られます。場当たり稽古も撮影出来ますが、あまり撮影が多すぎると役者さんに 負担をかけてしまうので大抵はこのゲネプロに集中して撮影します。とはいえ、役者さんにはご負担をかけての撮影です。皆様、ありがとうございました。お越し頂いた皆様、どの場面かおわかりでしょうか?

芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真
芝居「或る日、或る時」の写真

店舗イメージ

shop info.店舗情報

或る日、或る時 森組芝居公演

主宰:森組芝居 森治美
お問合せ」からご連絡下さい。