本文へスキップ

或る日、或る時 森組芝居公演です。

電話でのお問い合わせ

TEL:070-6470-3070

blog舞台裏:カレーの作り方

カレーの出汁

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、干し貝柱写真

 森治美の好き嫌いが激しいため、肉を使わないカレーを作る。肉がないと野菜カレーだがそれでは味が淡泊になりすぎるので、導入されているのがこの干し貝柱。出汁にするので「バラ」を使用しています。バラは形のままより安い。築地で仕入れるのでおつまみで買うより断然安い。


カレーの主な具材1

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、材料1写真

 人参、ジャガイモ、タマネギ、レンコン? 椎茸? えっ? 普通です。干し椎茸をお湯で戻して使います。いい味出来ます。


カレーの具材2

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、ピーマン写真

 ちょっぴりですがピーマン。


カレーの出汁1

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、干し椎茸の戻し汁

 干し椎茸の戻し汁です。


カレーの出汁2

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、出汁混合液写真

 お酒を投入し点火してアルコールを飛ばし、そこへ緑黄色野菜の野菜ジュースを投入し、水分を飛ばした物です。
 さらに干し貝柱と戻した干し椎茸を投入します。


材料

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、トマトピューレ写真

 トマトピューレも使います。今回のトマトピューレは「アミノ酸」「人工甘味料」「酸味料」を使っていない、とても濃いトマトピューレです。


カレー粉&炒めタマネギ

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、カレールー写真

 このフレークタイプだと牛脂が少ないので肉嫌いでも気になりません。レトルトパックの炒めタマネギも使います。


具材調理

 具材をコトコト煮込んで食べられる状態にするのは結構時間がかかります。そこで思いついたのが油通し。これで一気に具材に火が通る。らくちん。オリーブオイルを使用して170度くらいで少しずつ小分けにして揚げていきます。写真は……取り忘れました。


混ぜる1

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、混ぜる1写真

 出汁、油通しした野菜類、レンコンを投入して少しグツグツ言うまで放置。するとアクや油通しした際に残っていたオリーブオイルが上澄みに出てくるのでそれを取り、炒めたタマネギを投入。


混ぜる2

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、混ぜる2写真

 トマトピューレが投入されるとそれはもう、なんだかわかりません。この状態だと美味しそうには見えません……。濃いトマトピューレなのでケチャップがのっているようにしか見えません。ケチャップよりも断然濃いです。


カレー粉調理

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、カレールー炒め写真

カレー粉は炒めすぎない状態に、ゆっくりとじっくり炒める。するとスゴイ香りが充満。焦げない程度で寸胴へ投入。


森組芝居のカレー完成

お芝居「或る日、或る時」芝居の裏側:カレーの作り方、カレールー出来上がり写真

上記以外にも少しいろいろ入れてますが、主な材料はこんな感じです。これで何人前だろうか。あとはご飯を炊くだけ。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

或る日、或る時 森組芝居公演

主宰:森組芝居 森治美
お問合せ」からご連絡下さい。